古材と文化を考える会、公式ホームページです。

サイトマップ| 個人情報保護方針| お問い合わせ先| アクセス| English
古材文化の会
.

イベント備忘録2009年

京都市文化財マネージャー育成講座(建造物)受講者募集開始

歴史的建造物の保存・活用とそれを生かしたまちづくりについて、 講義と演習で総合的かつ実践的に学ぶ講座です。 のべ14日間、66時間の講義と演習、修了レポートとして 歴史的建造物の調査・活用に関するレポートを作成し、 最終日に発表していただきます。 ※詳しくは事務局日誌でご確認ください。 ※問合せは古材文化の会事務局まで

募集チラシ(PDF形式です)

瓦宇工業所針町資料館見学と小林章男氏の鬼瓦作成にふれる

小林章男さんは全国から瓦を集め、研究を重ねてこられました。 瓦宇工業所針町資料館には古代から近世までのいろいろな瓦が 蒐集されています。 瓦職人の中でも、特に鬼瓦を造る職人たちを「鬼師」と呼びます。 鬼師・小林章男さんは鬼瓦造りの第一人者です。 小林さん 今回は小林さんが集められた瓦などを見せていただき、 また実際に鬼瓦を造られるところも見せていただきます。

【日時】   09年5月30日(土)10:00~16:00

【見学場所】瓦宇工業所針町資料館

【集合場所】JR・近鉄天理駅前 9:30

【参加費】  会員 1,500円 非会員 2,000円

【定員】   30名

【締切】   5月25日(月)但し、先着順です。

【申込】   希望者は氏名、連絡先、会員・非会員を明記の上、 メールあるいはFAXで事務局までご連絡ください。

伝統建築から地球環境を考えるシンポジウム

―木造建築サポートセンター設置の提案―

event

今、地球環境を考える上で大量生産・大量消費の生活スタイルを見直す時期ではないでしょうか。 それは、建築分野についても言えることです。歴史ある建物は、長く活用することで建築廃棄物の減少(リデュース)を図ったり、また地域資産として再利用(リユース)することで伝統的な建築文化・技能を伝承することができます。そうした活動が地域活性化にまでつながるように、私たちは全国に木造建築サポートセンターの設置を提案しています。 ―活動の詳細は、「つないでいきたいものがある。人がいる」 ブログをご覧くださいませ。

日時:2009年2月15日(日)  13:00~17:30(受付12:00~)
内容: 詳しくはパンフレットをごらんください
■成果発表
木造建築サポートセンター設置に向けて 桐浴邦夫(古材文化の会理事)
■基調講演?
「地球環境保全と木造建築の長寿命化」 有馬孝禮
■パネルティスカッション?
event コーディネーター 桐浴邦夫 古材文化の会理事
パネラー
大島仁 京都市地球環境政策監。
笠原啓史 建築工房櫟主宰、一級建築士
畑田耕一 大阪府登録文化財所有者の会会長
畑田家住宅活用保存会事務局長
清水安治 湖北古民家再生ネットワーク、
マーティン・モリス 千葉大学教授
会場:新島会館大研修室
     京都市上京区寺町通丸太町上ル松蔭町   TEL075-251-4393
京都市営地下鉄丸太町駅下車徒歩13分
京阪電鉄神宮丸太町駅下車徒歩10分
定員:150名(先着順にて受付)

当日新島会館横、新島襄旧邸を10:00~13:00まで見学できます。
主催:特定非営利活動法人 古材文化の会 後援:
文化庁、京都府、京都市
財団法人京都市景観・まちづくりセンター
京都府地球温暖化防止活動推進センター
社団法人京都府建築士会、社団法人京都府建築士事務所協会
大阪府登録文化財所有者の会、京都府国登録文化財所有者の会
(予定を含みます)
 シンポジウムパンフレット 表(pdf) 裏(pdf)
お問い合わせは古材文化の会事務局まで

京都市文化財マネージャー育成講座(建造物)受講生募集

歴史的建造物の保存・活用や,まちづくりに参画できる人材を幅広く育てることを目的とし,京都市,財団法人京都市景観・まちづくりセンター,NPO法人古材文化の会で実行委員会を組織し,本講座を開催いたします。
本講座では,歴史的建造物を保存・活用し,まちづくりに参画するマネージメントについて専門的かつ実践的に学びます。
この講座で学んだことをいかして,建物の調査や活用に向けた相談対応など実践的な場で,習得した知識とわざを発揮してみませんか。


期  間: 平成21年1月24日(土)~7月18日(土)【14日66時間】

会  場 : 財団法人 京都市景観・まちづくりセンター ワークショップルーム 他?
〒600-8127 京都市下京区河原町五条下ル東側  
「ひと・まち交流館京都」 地下1階

講座内容: 伝統建築の保存・活用とそれを生かしたまちづくりについて,講義と演習で総合的かつ実践的に学びます。

受講資格: 歴史あるたてものの保存・活用に関心をお持ちの方ならどなたでも応募できます。

募集人員: 40名

受 講 料: 30,000円

申込締切: 平成20年12月20日(土) ※先着順で締め切ります。

申込方法: 下記事務局まで連絡いただきましたら、申込み用紙をお送りいたします。
<受講申込書の送付およびお問合せ> 
京都市文化財マネージャー育成実行委員会事務局
〒605-0981 京都市東山区本町17丁目354 古材文化の会 事務局内
        TEL:075-532-2103  FAX:075-551-9811
主催 : 京都市文化財マネージャー育成実行委員会
(京都市,財団法人 京都市景観・まちづくりセンター,NPO法人古材文化の会)
後援 :?京都府,財団法人 文化財建造物保存技術者協会,社団法人 京都府建築士会,社団法人 全国国宝重要文化財所有者連盟,社団法人 京都府建築士事務所協会,京都府建築工業協同組合,全京都建設協同組合,特定非営利活動法人 京町家再生研究会,京都府国登録文化財所有者の会

街道をゆく見学会 西国街道(京都府向日市)

街道を歩いて沿道の建物を訪ねる見学会。
第4回の今回は、西国街道沿いの須田家住宅、冨永家住宅、向日神社などを永井会長の解説を聞きながら訪ねます。国登録有形文化財の中小路家では見学と休息を予定しています。ぜひ、この機会にご参加ください。

日時:2009年3月29日(日)
時間:13:30 - 16:00
場所:京都府向日市の西国街道
集合場所:阪急京都線東向日駅
参加費:古材文化の会会員1,500円、
非会員 2,.000円
定員:30名※先着順
締切:3月21日(土)
申込:古材文化の会事務局まで氏名、連絡先住所、電話番号、会員非会員の別を連絡ください。

.