■第21回全国集会のご案内

「浜松市天竜区二俣地区を訪ねて」  ~ 静岡県浜松市 ~
日時:2018年10月6日(土)及び7日(日)
会場:静岡県浜松市など
申込締切:9月19日(水)
今回は、静岡県浜松市天竜区二俣地区を中心に開催します。二俣地区は天竜川と二俣川の合流地点、水運に恵まれた地であり、北遠、南信地方の森林資源を江戸に送り出す要衝の地でした。平成19年、「地方の元気再生 事業」の提案を受け、二俣地区で20近いグ ループが合同で<二俣みがきの会>を立上げ活動しており、このたび地区内にある二俣城・鳥羽山城跡 が平成30年3月に国の史跡に指定され、浜松市が「歴史的風致維持向上計画」を策定し国から認定を受けることで、歴史的風致の維持 <二俣城の城下町として栄えた二俣地区> 向上に必要な支援を国から総合的かつ重点的に受けることができるようになります。そこで 平成30年度は歴史まちづくり基本方針の策定の中で「二俣未来まちづくり協議会」が地元 受け皿団体として市民の意見をまとめています。二俣みがきの会もこの協議会の主要メンバ ーとして活動しており、二俣地区の未来についての検討策定が始まったところです。 全国集会は、6日に二俣城・鳥羽山城跡を訪れて二俣の町並み全体の把握及び歴史的背景を浜松市市民部文化財課の担当者から説明していただきます。 その後、「二俣未来まちづくり協議会」の人達と、これま での経緯と今後の取組や検討状況をお話いただき、意見交換会を開催いたします。旅程等詳細は、チラシをご覧いただき、2頁の申込書にご記入いただいてFAXください。
『第21回全国集会』チラシ

田代家住宅
田代家住宅

鳥羽城址から市街を望む
鳥羽城址から市街を望む

秋野不矩美術館
秋野不矩美術館

■古材文化の会第25回定期総会 11月3日に決定

■古材市 COMING SOON

■すまいの学校『シロアリからわが家を守ろう』(終了)

住まい手みずから、住宅をシロアリから守るためのメンテナンスを学びました。

シロアリからわが家を守ろう
『シロアリからわが家を守ろう』チラシ

■第10期京都市文化財マネージャー育成講座(終了)

歴史あるたてものを愛し、その保存・活用にかかわる意思をお持ちの方々へ。 歴史的建造物の調査や保存・活用とそれを生かしたまちづくりについて、 講義と演習、修了課題で実践的に学びます。 修了者は、京都市文化財マネージャー等へ登録できます。

文化財マネージャー育成講座塾
文化財マネージャー育成講座チラシ

■シンポジウム「復興の現場から学ぶ、ヘリテージマネージャーが被災地域において、とるべき行動と災害に備えた体制と連携の構築を考える。(終了)

復興の現場から学ぶ
復興の現場から学ぶチラシ

■京都府の暫定文化財調査に協力しています

暫定文化財とは、京都府教育委員会が2017年度、府独自の「暫定登録文化財」制度を創設されたことを受け、従来の文化財保護制度より簡素な審査で、未指定の建物や美術工芸品などを保護対象に位置付けることです。そのための基礎調査に協力しています。 「暫定文化財」千件登録へ 京都府教委創設、保護に助成(京都新聞) 

■京都を彩る建物や庭園の認定調査がはじまっています

2012年より行っている、京都市の新しい制度「京都を彩る建物や庭園」に選定された建物の認定調査。市民が誇りに思う、身近な建物を「認定」物件としアーカイブしていく作業です。今年も京都市文化財マネージャーとなった講座の修了生達が頑張っています。 応募を下記のサイトより受け付けております。 京都を彩る建物や庭園 

■平成29年度 甲乙塾(こつじゅく)「門の改修技術を学ぼう」(終了)

昨年度に引き続き、会事務所のある京都市東山区17丁目の川道家の表門を使い、伝統工法による門の改修技術を学ぶ講座を開講します。この講座は、木や瓦の棟梁や竹加工の専門家を講師にお招きして、実習により修理手法を実践的に学びます。  伝統的建築物の維持・管理や改修に興味がある方の参加を歓迎します。是非、ご応募ください。

【期 間】平成29年(全6回) 各回の講座は10:00~16:00
 8月12日(土)  塀の木賊張り下地加工
 9月 2日(土)  杉焼き板制作 (長岡京市)
 9月 3日(日)  木賊張り竹加工
 9月23日(土)  木賊張り竹加工、木賊張り
 9月24日(日)  杉焼き板張り、木賊張り
 未定     塀瓦施工・工事完了

【場 所】川道邸 (古材文化の会事務所地)
      京都市東山区本町17丁目354番地

【定 員】 15名  申込み締め切りは7月20日

【講 師】 講師は京都府の現代の名工受賞の方です
  塾長(大工) 福井 均
  講師(瓦)  光本 大助
  講師(竹)  三島 一郎

【受講料】会 員 15000円 非会員 20000円

  1回の参加費は会員4000円 非会員5000円

【お申し込み・お問い合わせ】

 認定 特定非営利活動法人 古材文化の会
 FAX 075-551-9811  電話 075-532-2103
 E-mail  bunka@kozai.or.jp

2016甲乙塾

■第60回建築士会全国大会・京都大会(終了)
地域交流見学会(エクスカーション)におけるヘリテージカテゴリーコースへのお誘い

ヘリテージカテゴリーコース【京都を彩る建物や庭園】OからRの4コースについて

“京都を彩る建物や庭園”制度(通称 京彩)、市民が“残したい”と思う歴史や文化を象徴する建物、庭園を推薦しリスト化する新しい制度です。

推薦された建物は審査会によって「選定」し、その中から高く評価されたものが「認定」建物となります。この評価段階で、既存の制度で未指定、未登録のものについては、詳細な建物調査を必要とします。これらの調査、考察作業を「京都市文化財マネージャー(建造物)」に登録された者を中心に組織された、私たち古材文化の会 伝統建築保存・活用マネージャー会(通称KOMO)が、新しい観点での評価も取り入れながら京都市と協働という形で担っています。

今回のエクスカーションでは、全18コースのなかに、はじめて“ヘリテージ”というカテゴリーを設けていただき、京彩という制度に係る建物の中から4つのコースをご準備いたしました。建物の歴史的背景や住まい手の意識を肌で感じ、観光ガイドでは知ることができない京都をご覧ください。

日時:2017年12月9日(土)
各コース参加費:8,000円から10,000円
定員:各コース20名
詳しくは、案内PDFをご覧ください。7月25日に、案内ファイルを更新しました。

案内書ダウンロード

お申し込みは、各都道府県建築士会事務局にお申し込みください。
エクスカーション申込書 

京都府建築士会 

※1:このエクスカーションへの参加は、建築士会会員とその同伴者に限ります。一般の方はご参加いただけません。
※2:建築士会会員の方は、日本建築士会連合会の会報誌『建築士』6月号31ページの申込用紙、または こちらの申込用紙に記入の上、各都道府県建築士会事務局にお申し込みください。
※3: 申し込みは、7月28日までです。

■第20回全国集会のご案内(終了)

しめ縄作り

「降幡廣信さんの民家再生建物を見学し、これからの民家を考える」 ~ 長野県松本市 ~ 。
日 時:2017年6月10日(土)及び11日(日)
会 場:長野県松本市など
主 催:NPO法人古材文化の会
協 力:降幡建築設計事務所
担 当:白石 電話 075-532-2103。

案内チラシはここをクリック
ダウンロード