■第20回全国集会のご案内

しめ縄作り

「降幡廣信さんの民家再生建物を見学し、これからの民家を考える」 ~ 長野県松本市 ~ 。
日 時:6月10日(土)及び11日(日
会 場:長野県松本市など
主 催:NPO法人古材文化の会
協 力:降幡建築設計事務所
担 当:白石 電話 075-532-2103。

案内チラシはここをクリック
ダウンロード

■イラナイモノハ宝物!2016秋

しめ縄作り

今年も、古材市の季節がやってきました。
今年は、引き取りの需要の高まりを感じました。
それだけ、古いお宅がなくなっていることに残念な思いが募りますが、残った古材や、古道具だけでも次の方へ繋いでゆければ幸いです。
ですので、ご出店者、ご来場者さま、お待ちしております?。』
2016年11月26日(土)、27日(日)10:00~16:00
川道邸路地
電話 075-532-2103
FAX 075-551-9811
メール bunka@kozai.or.jp
案内チラシはここをクリック
ダウンロード

■お正月に飾ろう、しめ縄作り

しめ縄作り

最近では、しめ縄を飾るお宅や車の姿をみることが少なくなりましたが 冬の風物詩として、日本の伝統をご自宅で表現してみませんか?
2016年12月24日(土)10:00~15:00
ひと・まち交流館京都ワークショップルーム
電話 075-532-2103
FAX 075-551-9811
メール bunka@kozai.or.jp
案内チラシはここをクリック
ダウンロード 

■第9期京都市文化財マネージャー育成講座(建造物)の受講生募集

熊本地震の熊本城

伝統建築保存活用マネージャー養成講座時代から数えて、早13年目を迎えます。 京都の場合は、京都市、京都市景観まちづくりセンター、古材文化の会の3者が、京都市文化財マネージャー育成講座実行委員会を組織し、歴史的、文化的価値のある建造物の保存活用にまつわる様々なことを学ぶ講座です。 全国の建築士会が運営するヘリテージマネージャー育成講座は、建築士の資格を持っている方々を対象としていますが、当講座は有資格や居住地・勤務地・社会人・学生を問いません。 歴史的建造物の調査や保存・活用やまちづくりにかかわる意思をお持ちの方であれば誰でも受講できます。 お申込み、お問い合わせは NPO法人古材文化の会まで 電話 075-532-2103 FAX 075-551-9811 メール bunka@kozai.or.jp
案内チラシはここをクリック ダウンロード  

■6月8日・9日と熊本地震の被災地視察を行いました

熊本地震の熊本城

さる6月8日・9日、古材文化の会のヘリテージマネージャーとして、この災害に対して我々ができることがあるのかないのか、あるとすればどのような方法が考えられるのか考えるため、現地視察としてKOMOのメンバー3人を派遣しました。まちや村のシンボルであり人々の誇り、活力の源であった文化を形作る歴史的建造物の無残な姿に涙する市民。一日もはやい復興のために現地の人々と共に、我々ができることを考えてゆきます。

■平成28年度 甲乙塾(こつじゅく)「門の改修技術を学ぼう」

古材文化の会の事務所のある京都市東山区の川道家の表門と中門を使って伝統工法での門の改修技術を大工の棟梁や職人さんから学ぶ全5回の実践講座を開催します。  伝統的建築物の維持管理や改修に興味がある方の参加を募集します。木造建築の修理技術を実践的に学ぶことを目的とした講座です。
○開催日時:2016年7月10日(日)、31日(日)、8月6日(土)、7日(日)、28日(日)
○開催場所:京都市東山区本町17丁目354番地の古材文化の会
○定  員:20名   *申込者には詳しいご案内を差し上げます。
 *1日単位の参加については相談に応じますが、全日程の参加者を優先します。
○参加費:会員20000円、非会員25000円
○単回参加費:5000円/回

【講 師】
塾長(大工) 福井 均  (京都府の現代の名工受賞)
講師(瓦)  光本 大助 (京都府の現代の名工受賞)
講師(竹)  三島 一郎 (京都府の現代の名工受賞)

<スケジュール>
■7月10日(日)開塾
福井均塾長より(継手、仕口について   ・・案)
前年度の作業説明と今年度計画内容の計画説明
両袖塀木軸加工  ※ 袖塀木軸施工方法の検討
基礎施工
■7月31日(日)
両袖塀木軸 加工  前回引続き加工
両袖塀木軸 施工
木賊(とくさ)張竹の座学(加工指導含む)
屋根瓦葺き準備
■8月6日(土)、7日(日)
屋根瓦葺き施工(補足瓦確認)
木賊張用竹加工 木賊張施工
■8月28日(日)
屋根瓦葺き施工
木賊張施工
中門計画検討(計画図検討)
木だし検討

2016甲乙塾

■庭園の復元整備講座

3月27日の『永井規男先生と歩く(5)』にて見学に訪れた滋賀県の弘誓寺(ぐぜいじ)に残る古図にもある「放生池」の庭園が手入れ不足で庭木が茂っています。多くの方が悩む民家や町家に残る庭をどのように整備すれば良いのかという課題を、滋賀県東近江市建部にある弘誓寺の庭園を素材として、参加者が実習しながら復元の手法を学びます。講師の方々にもご協力いただき、参加費を最低限に設定しました。体で覚える庭園復元整備講座にご参加下さい。
○開催日時:2016年4月29日(祝)から
○開催場所:滋賀県東近江市建部下野町282 弘誓寺
○定  員:15名
○参加費:3000円/人。1日だけの参加は1500円(会員・非会員の区別なし)

庭園の復元整備講座

問合せ・申し込みは事務局まで

■平成28年の古材市は、秋開催のみの予定です。お楽しみに。

古材文化の会の古材市は、やむなく消えてゆく京町家や郊外の古民家の所有者から相談を受け、使ってくれる方がおられれば
その方に譲っていこうという取り組みです。引き取りは無料ですが、運搬費等の経費、市開催にかかる手間賃、そして古材文化の会が事務所を構える
川道邸の門改修費用を工面するため有料で販売しています。
○日 時:2016年11月下旬予定
○場 所:川道邸路地

■永井規男先生と歩く(5)「滋賀県東近江市の三つの弘誓寺と近世から近代の庭園をめぐる」は無事終了しました

那須与一ゆかりの弘誓寺(ぐぜいじ)と称する寺が東近江市には6ケ寺も現存しています。これらのお寺はすべて江戸時代の建築ですが、境内に中世の雰囲気を残しているところもあります。また、五個荘金堂地区は「伝統的建造物群保存地区」に選定されています。建築と併せて、近世から近代の庭園を見学します。

○日 時:2016年3月27日(日) 10:00~17:00
○集 合:JR能登川駅改札口 午前9時40分~ 受付  午前9時55分集合
(JR能登川駅西ターミナルより観光バス乗車) バス出発10時
※京都方面からはJR京都駅9:00発(新快速近江塩津行)JR能登川駅9:41着が便利
。 ○参加費:会員7,000円 非会員7,500円 (バス代・拝観料・昼食費・講師謝礼を含みます
) ※昼食は五個荘の「楽ごろうぇもん」で郷土の味(1,620円)を食します。
〇解 散:JR野洲駅 午後5時ごろ
○定 員:40名 (先着順で定員になり次第締め切ります)
[参加決定] 参加決定の方にはメール又はハガキで事務局から集合場所の詳細地図を送ります。
      申込者への連絡は必ず行いますので、連絡が無い場合は、事務局にお問合せ下さい。
○申 込:参加希望の方は氏名、連絡先、会員非会員の別を明記の上、3月22日(火)までに事務局にFAXまたはメールでお申込みください

( 見 学 先 )  石畠山弘誓寺 浄土真宗本願寺派 (躰光寺町)
かじやの里の新兵衛さん庭園   (佐野町)
藤井彦四郎邸 近江商人屋敷 (五個荘宮庄町)
石畠山弘誓寺 真宗大谷派 (五箇荘金堂町)
五個荘金堂地区散策 「伝統的建造物群保存地区」
報身山弘誓寺 浄土宗 (建部下野町)
松尾神社庭園   (松尾町)
後藤氏館跡 土塁 (中羽田町)